ワキガの原因とは?

ワキガで悩んでいる方、周りにワキガの人がいて悩んでいる方・・・いろいろな方がワキガで悩まされているものです。しかしながら、ワキガの理由というものをきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか。ワキガというと漠然と「汗がくさい」「ワキがくさい」「くさい汗が出る」といった理解をしている方も多いことでしょう。しかしながら、本当のワキガの原因というのは違います。ここでは、ワキガの原因についてお話ししていきましょう。

 

ワキガというのは、汗をエサに繁殖している菌によって起こるものなのです。つまり、もともとワキからくさい汗が出ているわけでもありませんし、ワキや汗そのものがくさいわけでもないのです。一般的には、汗だくの人を見ると「汗くさそう」と思うものです。しかしながら、汗そのものはほとんど無臭に近いものです。今現在、ワキガで悩んでいる方の汗も汗そのものはほとんど臭わないのです。例えば、お風呂やサウナなどで大量に汗をかくことはあるかと思いますが、そこでかいた汗自体はにおわないものです。

 

汗自体はほとんど無臭なのですが、この汗をエサにしている菌がいます。この菌自体にもにおいはないのですが、この菌が汗を食べると老廃物を排出します。この老廃物がにおい物質を出してしまうのです。つまり、ワキガというのは汗をエサにしている菌の老廃物のにおいなのです。ならば、菌が汗を食べないようにすればいいじゃないかという話になるのですが、人間は基本的に衣類を着ているものです。どんなに通気性のよい素材だったとしても、衣類を着ている以上は通気性が悪くなります。裸でいればすぐに蒸発してしまう汗も衣類の中では蒸発せずに残ってしまうものです。そうなってくると、汗をエサとしている菌も活動的になります。だからこそ、菌が汗をたくさんエサとして食べるようになり、老廃物も多くなり、その老廃物から発せられるワキガのにおいもきつくなってしまうのです。

 

また、体自体がにおうと思われがちなのですが、汗というのは衣類に吸収されるものです。菌もそちらに移っていきますので、体がくさいというよりも汗のついてしまった衣類がくさくなってしまうのです。汗をかいたときの衣類をそのままにして放置してしまうと、激臭を放つことになります。これと同じことなのです。だからこそ、体へのアプローチというよりも汗に対してアプローチをしていくべきなのです。